>  セミナー・イベント

筑波⼤学 CEGLOC ⽇本語・⽇本事情遠隔教育拠点シンポジウム
「⽇本語の教科書が⽬指すもの−教科書執筆者・活⽤者と語る−」



主催:筑波⼤学グローバルコミュニケーション教育センター⽇本語・⽇本事情遠隔教育拠点
共催:⼤阪⼤学⽇本語⽇本⽂化教育センター⽇本語・⽇本⽂化教育研修共同利⽤拠点
   東京外国語⼤学留学⽣⽇本語教育センター⽇本語教育・教材開発・実践教育研修共同利⽤拠点

⽇時:2017 年9 ⽉10 ⽇(⽇) 10:00〜17:00

場所:筑波⼤学 春⽇エリア 情報メディアユニオン棟 1F 講義室

概要

 本シンポジウムでは、⽇本語教育における代表的な⽇本語教科書執筆者および教科書の活⽤者にお集まりいただき、教科書がこれまで何を⽬指してきたのか、そして今後何を⽬指すのかなどのテーマについて、パネルディスカッションを⾏う。パネルディスカッションは、それぞれの教科書の開発理念や活⽤法をパネリストから提⽰したのち、⽇本語の教科書の歴史的な背景や現場の状況など様々な視点を交えながら、⽇本語教科書のあり⽅について参加者全体で議論を⾏う。
 これまで⽇本語の教科書が⽬指している理念については、個々の教科書で議論されてきた。本企画は教科書執筆者と活⽤者が⼀堂に会し、より⼤きな枠組みで議論することで、今までにないパネルディスカッションとする。また、執筆者および活⽤者がその理念を語り合うことで、教科書を活⽤する多くの現場の⽇本語教授者にとっても「⽇本語を教えるとはどういうことか」を考える機会を提供する。

タイムテーブル

09:00 受付開始
10:00 開会
10:10 来賓挨拶予定
10:20 パネルディスカッション
・「みんなの⽇本語」:名須川典⼦⽒(⽇本語センター:インド)
・「Situational Functional Japanese」:加納千恵⼦⽒(筑波⼤学)
・「初級⽇本語 げんき」:⼤野裕⽒(⽴命館⼤学)
・「できる⽇本語」:嶋⽥和⼦⽒(アクラス⽇本語教育研究所)
・「NEJ テーマで学ぶ基礎⽇本語」:⻄⼝光⼀⽒(⼤阪⼤学)
・「まるごと ⽇本のことばと⽂化」:⼋⽥直美⽒(国際交流基⾦)
12:00 昼食 参加者間ディスカッション
13:30 大阪大学 岩井康雄拠点長 挨拶
13:40 全体ディスカッション
  |
16:30 パネルディスカッション終了
16:35 東京外国語大学 藤村知子拠点長 挨拶
16:50 閉会の挨拶
17:00 全体終了

アクセス

筑波キャンパス春日エリアは、つくば駅(A1, A2出口)・つくばセンターから徒歩で約10分です。
詳しいアクセス方法はこちら詳細

   

事前資料

参加される際は事前資料(PDF)をお読みいただき、ご質問を必ずお寄せいただけますようお願いいたします。

・「みんなの⽇本語」:名須川典⼦⽒(⽇本語センター:インド)

・「Situational Functional Japanese」:加納千恵⼦⽒(筑波⼤学)

・「初級⽇本語 げんき」:⼤野裕⽒(⽴命館⼤学)

・「できる⽇本語」:嶋⽥和⼦⽒(アクラス⽇本語教育研究所)

・「NEJ テーマで学ぶ基礎⽇本語」:⻄⼝光⼀⽒(⼤阪⼤学)

・「まるごと ⽇本のことばと⽂化」:⼋⽥直美⽒(国際交流基⾦)

   

参加お申し込み

参加のお申し込みは以下のボタンからお願いいたします。

※シンポジウムにご参加いただく方には質問の投稿を必須とさせていただいております。

参加登録とは別に質問をお送りいただく場合には、参加登録フォームには「質問は別途記入」としていただき、以下のgoogleフォームより質問をお送りください。

<ご注意>
・昼食は、ブッフェ形式を予定しております。
・昼食代につきましては、クレジットカード会社が発行するご利用明細書を領収書としてご利用ください。
・9月7日以降の昼食のキャンセルは出来ません。

定員に達したため、お申し込みを締め切らせていただきます。
質問をお送りいただく場合は、以下のgoogleフォームをご記入ください。


                                   
                   

   

参加者事前質問

 参加者からいただきました事前質問の一覧です。
  ・事前質問一覧(2017年9月4日時点)詳細


お問い合わせ

 本件に関するお問い合わせは筑波⼤学CEGLOC ⽇本語・⽇本事情遠隔教育拠点 伊藤秀明(ito.hideaki.gb[at]u.tsukuba.ac.jp)([at]は@に置き換えてください。) まで、よろしくお願いいたします。

チラシPDFはこちら詳細